人間よりも早く年をとる犬たちの介護について

人間の約4倍も歳を取っていきます。

犬たちは、最初の1年目で17歳、2年目で23~24歳、1年ごとに4歳歳を取っていきます。飼い始めたときは、ぬいぐるみのようにかわいかった子犬が2年で成犬になります。生まれた子供が中学生になるころには、老犬になってしまいます。老犬になれば、介護が必要になってきます。子供の情操教育にはいいのではないでしょうか。核家族が進むなか大切な事です。ペットを飼うことによって死生学が学べます。介護の経験も体験できます。

家族同然の老犬の介護でノイローゼ

家族同然の老犬の介護は、大変ですよね。ペットの事ばかり考えているとノイローゼになってしまいます。ペット介護の時に重要なことは飼い主の方も一緒にリラックスすることが大事ですね。話しかけながらのブラッシングは効果的です。ペットの効果は血行が良くなり、飼い主とスキンシップすることによって安心して元気になってきます。飼い主にも効果がありますペットが元気になることによって元気になってきます。これは、人間にも当てはまります。

老犬は、暑さに弱いのです

老犬の暑さ対策はとても大事です。エアコンをつけていれば安心は危険です。人間より床の近くにいるペットは、冷えすぎてしまうんです。老犬の場合は、体温調節機能が低下しているので、より注意が必要です。歳を取ってくると寝ていることも多いのでこちらにも注意してください。アロマを使ってマッサージは効果的ですね。マッサージは、香りを嗅ぎ脳が刺激され、皮膚に浸透することによって免疫力がUPします。散歩も出来るだけ涼しい時間に人通りの少ないところを短時間にしましょう。

老犬ホームとは年老いたペットの犬を預かってくれる施設のことで、身の回りの世話などを飼い主の代わりに行ってくれます。