七五三祝いの食事会、どんなことに気をつければ良いの?

家族のみの場合は、楽しさ重視で

家族だけの内々の場合は、リラックスして楽しめることが大切です。特に、主役の子どもが喜ぶものを選びましょう。オーソドックスなのは家でお赤飯を食べたり、いつもより豪華なごちそうを食べたりするものですが、回転寿司やファミレスという家庭から、ちょっと高級なレストランという家庭もあります。レストランの場合、子どもが喜ぶデザートなどをつけた食事プランがありますので、近場のレストランを調べてみてもいいかもしれません。

御祝い返しの、おもてなしの場合は?

祖父母や親戚など、御祝いをしてくれた人を呼ぶ場合は、少し配慮が必要です。しかしここでも、子どもが主役というのは変わりません。ただしそこに「お礼」「おもてなし」という要素が加わりますので、騒がしい場所は避け、皆がゆったり過ごせる場所を選ぶのが良いでしょう。子どもが小さい場合は、個室のある和食系のファミレスなどはいかがでしょうか。ある程度子どもが大きくなると、レストランやホテルのコースも、特別感を楽しめオススメです。予算は1人5千円前後が相場です。

食事会で気をつけたいこと

子どもが主役だということは再三強調してきましたが、それ以外に気をつけたいのが、しきたりです。若い人はしきたりを気にしなくなってきたため、カジュアルな関係でも問題ありませんが、祖父母など高齢者はしきたりを重んじる人も多いです。たとえばお返しの品物にしても、いらないと言ってくれる人もいれば、きちんとしたものを欲しがる人もいます。お返しの品物としてオーソドックスなのは、赤飯や千歳飴です。七五三に関わる人がどのような価値観を持っているのか、事前に知っておき、気持よく七五三を過ごしましょう。

七五三のレストランとはお参りをした後にお祝いをする為に行きたい場所ですが、シーズンに大手ファミリーレストランや、有名神社の近くの飲食店やっている場合が多いです。前者は予約できたりもします。